爪の形を矯正出来る

爪

ケアも万全に行う

巻き爪を治療するには、手術を行うかワイヤーを用いて矯正をする方法が適しており、東京には専門的な治療を行なっている皮膚科が複数あります。東京の皮膚科の中には巻き爪の治療のみを専門的に行なっているところもあり、遠方からも巻き爪を治すために通っている方がいます。ワイヤーによる矯正は、巻き爪の形そのものを普通の爪の形になるまで少しずつワイヤーの位置を変更するため、何度か通院をする必要がありますが軽度の症状なら半年以内に矯正が終了する場合もあり好評です。重度の巻き爪であっても、きちんと爪の形が固定するまで根気よく治療を行えるので、再発を防止できて安心です。矯正治療は、保険外適用になりますが巻き爪の影響で傷ついた箇所の治療代には保険が適用されます。具体的には、爪が指の肉に食い込んで炎症を起こしたり、傷になったりする症状が併発している方も多いですが、これらの症状は普通の怪我として保険が適用される事が多く治療しやすくなっています。女性の方の場合は、夏にサンダルなどを履きやすいようにワイヤー矯正を行なっている箇所にネイルを塗るオプションのある皮膚科も東京にはあり、矯正した部分が目立たなくなるため好評です。様々なケアを受けられることから、遠方からでも東京での治療を希望する方も多く、東京の皮膚科が人気となっている理由と言えます。矯正の施術をする前には、あらかじめネイルを一度落としてから通院して施術後にネイルを専門のネイリストに施してもらうと治療しやすくなります。一般的には足の親指部分が巻き爪になりやすいですが、それ以外の箇所でも矯正可能となっているためどの指が巻き爪になっていても矯正治療が出来ます。