コンプレックスを改善する

医師

美容皮膚科で相談しよう

お顔の目立つ部分にあるほくろに悩んでいる方は結構いるのではないでしょうか。たとえ、ほくろ一つであっても場所によっては強い印象を与えてしますよね。もし、コンプレックスを感じてしまっているのなら、ほくろ除去でスッキリしてしまうのも1つの手段です。是非、一度信頼できる美容皮膚科で相談されることをおすすめします。20年ほど前まではほくろ除去といえば切除手術がほとんどでした。今でも、皮膚がんが疑われるほくろの場合は細胞をきれいに取って生検をするため、今もこの方法がとられる場合があります。(ちなみにこの場合のほくろ除去は保険診療です。)現在では、皮膚がんの可能性が低い場合にはレーザー治療で除去をします。レーザー治療のメリットは何といっても手術の手軽さですね。ほくろ除去には炭酸ガスレーザーを使用します。炭酸ガスレーザーは皮膚に含まれる水分を瞬時に蒸発し、ターゲットとなる部分のみを焼き尽くすものです。麻酔をしてから照射し、1分程度で終了します。取りたい部分のみ除去し、正常な皮膚にはヤケドが少ないので、治りも早く傷跡もキレイです。そんなおすすめのレーザー治療ですが、除去後のケアも大切になります。傷跡がしっかり治るまで皮膚の保護材を貼って保護します。時々交換して使用しますが、お風呂もお化粧もOKです。治るまできちんと貼り続けることが傷をきれいに治すコツですね。また、除去した部分は色素沈着がしやすくなるので注意が必要です。低刺激の日焼け止めでしっかりケアすることが大切ですね。